運動オンチが走る!


3年かけて、Max58キロ→52キロ→54キロ→52キロ→54キロ前後で行きつ戻りつ。だが二段腹さ!
by slow-runner
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
> lune さん。距離..
by slow-runner at 10:45
けっこう距離やっています..
by lune at 20:11
>luneさん。返信が年..
by slow-runner at 00:11
日の出、日の入りの太陽の..
by lune at 23:32
>luneさん。例のと言..
by slow-runner at 21:17
例のきっくり腰ですか??..
by lune at 22:28
>luneさん。そうなん..
by slow-runner at 23:16
>luneさん。巾着田も..
by slow-runner at 23:11
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

●南高尾山稜はトレイルランナーだらけ!

昨日は、朝から頑張って、南高尾山稜のコースへ行きました。
どうやら、雑誌「トレイルランナー」誌に載っていたコースの為に、
読者ランナーの多くが、この手頃で身近なコースへチャレンジした様子。

私とKちゃんは、暑いので、いつもより早い時間に集合!といっても、8時。
すでに、高尾山口の駅前は、ハイカーとトレイルランナーたちが、
ごったがえしていました!
単独行の人、グループの人。。。
グループの人たちは、ネットで知り合った人たちのようだったとのこと。
そのせいか、あまり、周りの事を考えず、ベンチやスペースを占拠しまくり。
感じ良くないイメージを残して行ってしまいました。


【南高尾山稜コース】
ウォーキングで、5〜6時間のコース。
雑誌に載ってるコースでは、大体16〜17キロくらいだったらしい。

私達の行ったコースは・・・・

<高尾山口>駅スタート。先ず、どこから山に入るのかが、分かりにくくて・・
トリックアート館のある通り沿いを右に折れ、<橋本屋>というお店の左側に
細い道があり、そこをしばらく行くと、右手にすごく分かりにくい山への入口、
<峰の薬師>方面へ行く道という、小さい木の看板がぶら下がっています。

偶然、同じ方向へ行こうとしているご夫婦が先にいたお陰で、
私達も気づきました。
f0028336_0211340.jpg

民家の裏??草が生い茂って、道が見えにくいのです。細い道!




細い道から、まずは<四辻>でも、T字路?左右に伸びる道の右へ→
先ずは<草戸峠〜草戸山>を目指します。
小1時間なのに、すでに緩い登りにへとへとな私・・・草戸山手前で
小さい展望台発見!でも、木が茂って展望できず。単なる休憩に・・。
f0028336_0391932.jpg

草戸山山頂は、そこから数十m先にあったのでした!
f0028336_0422869.jpg
f0028336_043269.jpg

ここの展望台でも何も見えず・・・がっかり。

そこから<三沢峠>辺りで善光寺山へ行く階段道と、巻き道に分かれていて、
私たちは、日焼けと暑さを避ける為、<巻き道>を選択。
細い道が続く木陰に道をどんどん進みます。

中沢山へ行く巻き道の途中に、ベンチがあり、年配の男性2人が休憩中。
ちょうど景色が開けて、眼下に<津久井湖>と丹沢山等々が見えていました。
f0028336_0562252.jpg


左手に、三井水源の林、と言う看板を見つけて、<中沢山>頂上?
送電線の鉄塔がニョキニョキ・・・ここで、うっかり、左へ道を進みかけて、
それが、間違った道だとKちゃんの勘で、危うく遭難を免れ〜(^^;)
逆戻りして、元の分かれ道から、右方向へ進む・・・。フゥ〜

まもなく<大洞山>、狭いところで、沢山ハイカーが休憩中。
f0028336_1122727.jpg


そこから、さらに<大垂水峠>へ・・・近付くに連れて、車の音が激しい!
陸橋?の手前に看板が・・・ちゃんと見たはずなのに、橋を渡ってから、
道がわからなくなり、キョトキョト・・・
f0028336_1163817.jpg

ほんとは、ここから、<城山>ヘ行く予定でしたが、小さい川沿いの道、
のはずが、残念ながら、閉鎖中!
しょうがないので、川を渡って<学習の歩道>へ、そのまま<一丁平>へ!

ここまでの道のりに、トイレは一切無いので要注意〜!

さて、かなり疲れた上、ちょうど12時。私達は、そこでお昼にしました。
沢山ハイカーも休憩中。
結局30分ほど休んで、トイレ前の水道が、飲料水に使えるらしく、
みんながペットボトルに入れているので、私たちも、真似して、水をゲット!
ゴクゴク飲んで、生き返りました〜〜〜!!

結局、城山はもう諦めて、帰路に着く事に。そこから、高尾山に向かいます。
山頂近くで3本の道を選択。まん中は階段。私ったら、それは敬遠。
右の5号路、左の4号路・・・日陰の方の<4号路>を選択。
間もなく山頂近くの茶屋に到着〜〜〜!!

先ずは、お疲れさん〜〜〜!!
ここまで、下りと平たんな道だけ緩く走り、登りは、トボトボ歩きました。

で、休みたい私は、冷たいモノを所望・・・茶屋で休憩。
f0028336_1315877.jpg

休憩ばっかり・・・私って。。。


さて、またもそこで、ゆっくりしたあと、高尾山口駅までの帰路は、
トレランらしく、ゆったりの道。<稲荷山コース>・・といえど、
昨日は日曜で、人が多かった〜〜〜!

でも、この道は道幅がわりと広く、ほとんど下りのみなので、
頑張って、走るようにしましたよ〜〜〜。

でも、私は、膝が・・・心配。最後の方はちょっと、痛くて、ソレをかばう腿が
筋肉がピクピク・・・・あと少しの所で、私は脚が動かなくなり、、
気持ちの上で、怖くなって脚が出ない。特に石や岩の多い所が怖い。

もう下山近いという気配に、Kちゃんは、もう私のペースで待切れず、
どんどん下って行きます。軽やかですね〜〜トホホ・・・・実力の差ね。


やっと、辿り着いて、ちょうど、そこで、帰りに寄る予定だった、立ち寄り湯
『ふろっぴぃ』のお兄さんの呼び込み。ちょうど、送迎バスが出る所!
時間が、ギリで、駅前までを荷物とりに〜〜〜と、Kちゃんダッシュ!
速いです。まだ余力があったんですね〜。体力の差ね〜〜、トホホ。
私は、ヘロヘロ〜〜〜〜。先にバスに乗り込み、
2人分の荷物をもって走ってくるKちゃん待機。お疲れさんでした〜〜〜!!

休憩入れて、ちょうど6時間の行程でした〜〜!
今日は筋肉痛!!


その日は夜勤行って、今日は休みだったので、なんとか走りたい所。
皇居に行きました。でも、蒸し暑く、雷もなり、、筋肉痛〜〜
結局、たった1周でギブアップ。夜、意を決して、少し走り足しました。


===================================
[14日の走行距離]
・・・5km/32分40秒(=1km/約6分32秒)
   +3km/21分14秒(=1km/約7分5秒)
===================================


全然、走れてないみたい・・・がっくり・・・・


■7月の走行距離累計■・・・39.2km (+トレラン&ウォーク)
[PR]

by slow-runner | 2008-07-14 23:53 | 日々のランニング | Comments(4)
Commented by letswalk at 2008-07-15 23:03
オッ、トレラン、いいですねぇ!
みんなで楽しく、はいいですけど、マナーの悪さは勘弁してほしいですね。
類は友を呼ぶ。中に気付く人はいないんでしょうね。
私は人が少ない方が好きなので、歩くのも走るのもツアーも、すいているところ、っていう基準で選んじゃいます^^;
Commented by porio25 at 2008-07-16 20:35
トレイルもこの時期、思いのほか人が多いですよね・・・。
それにしてもslowさんの採ったこのコース、なかなか魅力を感じます。
こんなにいろんなコースがあるなんて、高尾ってほんと登り甲斐のある山ですね。
Commented by slow-runner at 2008-07-16 23:39
>letswalkさん。そうそう、マナーがね〜〜。
わいわい、盛り上がってると、気が付かないものですね、
私も気をつけねば。
ほんと、人の少ない時・所がイイですね〜〜。
普段はできるだけ、平日に行くんですが・・・なんと言っても、
素人・・・しかも、とっくにトウが立ってるとは言え、
女子チームの情けなさで、あまり人がいないというのも、怖いな〜
なんてことで・・・

と思って、可能な限り2人で行ってますが・・・先日は、
女性の単独ランナーが颯爽と走り抜けていくのに何度もすれ違いました。あのブルーのシャツを着た小柄な女性・・・カッコよかった〜!!
Commented by slow-runner at 2008-07-16 23:43
>ぽり雄さん。なかなか良いコースでしたよ〜!
ぜひ今度お試し下さい!
私達は、いつか北高尾山稜(八王子〜陣馬山)もチャレンジしてみる予定です。高尾ってほんと、身近でバリエーション富んでてイイですね〜〜〜。

でも、その分、遭難も、増えてるって話なので、くれぐれも注意しようね、といつもラン友と繰り返し話しています。
<< ●すきま時間のランニング ●膝が痛い・・・頭がクラクラ・・・ >>