運動オンチが走る!


3年かけて、Max58キロ→52キロ→54キロ→52キロ→54キロ前後で行きつ戻りつ。だが二段腹さ!
by slow-runner
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

●日本の中の外国で走った???(後)

ふたたび・・・・

国際親善ってなんぞや??

====================================
■第12回 東日本国際親善マラソン
====================================

相模原駅の北口から1分以内、、広々とした敷地が広がるそこは、
ある意味、日本ではない・・・・のね?
駅からゲートまで、100mもあるか。。ズラズラ〜〜っと人が並ぶ。
5、10K、ハーフ、親子ペアと受付時間がかなり時間差がある今大会。

『ゲートパス』、、なるものをもって入場、入口で、『手荷物チェック』
なんという面倒臭さ。しかも、場合によっては、『写真いり身分証明書』
の提出を求められる事もあり・・・と、書いてあって、ちょっとビビリ気味。
しかも、敵対国の人は入場拒否・・・みたいな記載まで・・・・

そんなところへ走りに行くのか?と、今回初の単独参加の私は、ちょっと不安。
筋肉痛だの捻挫だの、と体調もあまりベストではなかったし・・・

ゆっくりめに行ったせいか、思ったより混んでなかったが、
思ったより人が多かった。家族やカップルが異常に多いような??

ゲートを入ってすぐ、テントの下に米軍憲兵が荷物チェック。
私を担当したのは、一番怠け者って感じの若い男の憲兵。
他の人たちが立ち上がってせっせとチェックに精出してるのに、
だら〜〜〜っとイスに坐ったままガムを噛んで、ノロノロと鞄の中身を
チェック。


中は、だだっ広〜い感じ。『補給基地』だからかな?
倉庫やコンテナ等がずらり。しかも、敷地のまん中は広々した広場が広がる。
心の中で、(こんなに広い土地があるなら、日本の市民に返すべき!!)
と思ってしまうのは私だけかしら??

===================================
・・・と、そこまで書いて、そのまま1日経ってしまった。早っ!
というか、更新が遅っ・・;;

芝生の広場が広々してるけど、そこはすでにピクニックシートとテントで
埋め尽されてる感じ。
私が到着したのは10時前くらいだったので、その時点ですでに
5キロ、10キロが間もなくスタートのタイミング。

そして、受付を済ましてる間にそれぞれがスタートしてしまった!


ぐるぐる、来場者参加者を見回して、私は、期待が外れた事を知った!
“国際親善”というからには、きっと色んな国籍の
ランナーが集まってるんだろうな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜って。
少なくとも、米軍の家族とか、米国人とかは結構いるんだろうな〜〜〜〜〜って。


が・・・・


ふとみると、報道関係者が数名ウロウロしている。
その中の1人が背の高い外国人(米国人か?)の男性をつかまえて
インタビュー中。
見ていると、かなり嬉しそうに、かなり得意満面に英語で
インタビューしてる。
・・・でも、なんか・・・どうも・・・思ってたのと違うな〜。

5キロ10キロには、たくさん出場してたのかな〜〜?
ハーフの準備してるあいだに、会場うろついていたけど、
全然外国人に会わなかったよ。ボランティアも、運営する人の中にも
全然いなかったよ・・・・

みんな日本人ばっかり・・・・
(それとも、アジアの国の人がたくさん来てたんだろうか?)


なぁ〜〜〜んだ、がっかり・・・・



さて、そんな事言って長い時間を待っているうち、や〜〜っと
ハーフのスタート時間。それにしても!なんでこんな遅い時間なのよ〜!!
一番長い距離が、一番お腹が減る時間に走るなんて!
考えられない配慮のNASA。・・・じゃない??


コースは、基地内周回コースで同じ場所を2周半位。
はっきり言って、殺風景です。
倉庫・・・窓もふさいで・・・それとコンテナ・・・荷物??

ほとんどは建物の間の道を走り、あとはサッカー場の回り。
広場の途中には、ちょっと何か訓練するための、築山、
まん中に道?滑り台みたいなのがある。補給基地でも訓練があるんだな?

道路の途中で狭いサーキット場みたいに、ピンカーブで外側がめくれている、
そこを走るのは、かなり走りにくい、、、足首に負担。


トロトロ・・・トロトロ・・・
私の足はちっとも進みません。走ってるとは言えない速度。
歩きたいな〜〜〜でも、間に合わないよな〜〜〜〜これでは。
もう、私の後ろには、それほど沢山の人はいなかった。たぶん100人も⋯。
その辺りを走る?人たちは、ほとんど15キロも過ぎる事には歩いてる。


20キロ近くゴールの会場につく頃には、ほどんどランナーが帰りかけてて
がっくり〜〜〜、、でも、まだ、ピクニックしてる人はいたのです。


ゴールが見えた50m〜30m・・・せめてその距離だけは、
走った!と実感したい私は、最後の力で必死でスピード上げてゴール〜!!

到着したら、もう思わずしゃがみました。ゼイゼイ・・・
ゴール付近は人が一杯・・・ゆっくり出ようと思ったら、スタッフが
寄って来て、私を抱えて、その人の波の横から通り抜けて・・
そして、、、並んだ人たちの後並ぶ・・・・???

・・って、私ったら、まだ走る気〜〜〜〜?!!

その人ごみは、<ファミリーラン>の親子のグループでした。ハハハ・・・



ICチップと交換にTシャツ頂きましたが、、、
SとLしかなく、受付のおじさんたら、まったく、つっけんどんに・・・
「もう、Mがないよ!Sでいいでしょ!Lじゃだめなんでしょっ!?」

ハァ〜〜〜なんだ、この人は!?


で、もらったTシャツも・・・・デザインが・・・・今一つ・・・。
ちょっとがっかり・・・・
f0028336_20562982.jpg



ヘトヘトになった私は混み合う着替え場所に行かず、そのまま駅に行く事に。
朝来たゲートから帰ろうとすると、米軍憲兵たちが見送りに・・・
バイバーイ!バイバーイ!バイバーイ!!

子供達に愛想を振りまく姿・・・・それが、国際親善・・・って訳なんですね?
[PR]

by slow-runner | 2008-04-25 20:57 | ★マラソン大会★ | Comments(2)
Commented by letswalk at 2008-04-25 23:03
こんばんは♪
いろいろな大会があるのですね。どんな催しもきっと、最初に始めるときは大々的に意義を掲げてやるのでしょうが、回を重ねるごとに、意義がおざなりになったり、やることだけが目的になったり。もしかして、そんなこともあるのかな?
slowさんが出られた先日の大会も、新聞記事で読むと、たくさんの方が走り、家族連れなども参加して、とても素晴らしい大会のように思えましたが、実際に出場された方の思いが正解ですよね。
slowさんおっしゃる通り、国際親善てなに? 日米親善ならまだ分かる。自分たちがやってることは、世界規模で素晴らしいことなんだよ〜っていうアピール? 口先ばかりの大言壮語君には、引いちゃいますよねぇ。
Commented by slow-runner at 2008-04-28 20:58
>letswalkさん。確かに大会は家族で楽しめて、素晴らしい大会だと思います。ただ、基地のアル街に住む友人達がいるので、ちょっと穿った目で見てしまうんでしょうね。
広大な土地・・・沖縄ヘ行った時の印象や友人の話、福生での印象・・・そういうのが・・・。

でも、それを良しと受け入れている街の人々もいる訳なので、単なる価値観の違いなのかも・・・。
<< ●ウルトラ走る、ウルトラマン&... ●日本の中の外国で走った???(前) >>